「ビビリな自分」を受け入れて活かす! 気が弱くて内気、臆病なまま人生を楽しむための心理学。

こんにちは。DJヒロです。

自分ほどのビビリが、この世界にいるだろうか? この臆病な性格をどうにか変えたい……。

10代のころから、ずっとこのような想いを抱いてきた。

しかし、行動遺伝学を学び、「HSP」という言葉を知り、自分を受け入れる事ができた。

※HSP=ハイリー・センシティブ・パーソン(「とても敏感な人」の略称)

ビビリの原因の大半は、「遺伝子のデザイン」によるものである。

自分の信念として、このような科学的知見をベースに、自己肯定することを大事にしている。

なぜなら、「それなら仕方ないよな」と自分を受け入れる強烈な後押しになるから。

「ビビリな自分」を受け入れて活かす! 気が弱くて内気、臆病なまま人生を楽しむための心理学。

俺は「日本一ビビりな男」です。

これは冗談ではありません。遺伝子検査の「ビビり度」を示す数値が、いまだに誰にも抜かれたことがないんです(笑)

とにかく敏感でビビり。

昔からそういう自分が嫌で「変えたい」と思っていました。

「もっと男らしくなければ」「こんなに気が小さくて臆病ではダメだ」というように。

そんなふうに「自分を否定」していたので、すごく辛かったし生きていて楽しいなんて思えませんでした。

俺を救った○○

ですが、どんなに自分を変えようとしても変わりませんでした。

「筋トレ」したり「格闘技」を習ったり、色々なことをしたんですが変わらない。

結局、自分を救ってくれたのは「科学」でした。

たとえばダニエル・ネトルさんという人の『パーソナリティを科学する』という本です。

【参考】『パーソナリティを科学する―特性5因子であなたがわかる』
ダニエル ネトル  (著), Daniel Nettle (原著), 竹内 和世 (翻訳)
https://www.amazon.co.jp/dp/4826990456/

短いのは足だけじゃない?

ビビりというのは結局「遺伝子」なんですよ。

例えば「セロトニントランスポーター遺伝子」という遺伝子は、ビビりな人ほど「短い」んです。

おそらく日本人を含むアジア人は、この遺伝子が短い人が多い。

逆に欧米人は長い人が多いのでしょう。だから大胆でビクビクしない。

このように国や文化などによっても差があるんですね。

そして自分はそういう遺伝子を多めに持っている。「ただそれだけ」のことだったんです。

ビビりで良いのだ!

その事実を知って、「それならビビりで当然だよな」と自分に共感して「自己受容」することが出来ました。

このように、自分の「ありのまま」を受け入れることがすごく大事です。

そのための材料として、俺は「心理学」や「科学」を使っています。

今日の話を読んで、「自分もビビりだ」という人が少しでも自己受容できたら嬉しいです。

 

〆DJヒロ

無料ビデオ講座

「いつも人に振り回される……」そんな毎日を変えたい人は他にいませんか?

「人の評価が気になる……」
「嫌われるのが怖くて意見が言えない……」

そんなあなたのために、4 つのビデオ「他人に振り回されない自分になる方法」と30 日間のメール解説をまとめた講座を無料でプレゼントしています。

すでに 2,704 人以上が視聴し、人生を変えています。


メンタル 性格
シェアをお願いします!
大野 ヒロをフォローする
DJヒロ 公式サイト
タイトルとURLをコピーしました