【不登校】を問題視する事が”問題”である

こんにちは。DJヒロです。

俺は学校がキライだった。

アインシュタインやエジソンは、たしか小学校中退だ。

わかるよ。天才は、他人のペースになど合わせたくないのだ。また、人と同じである事にも興味がない。自分の感性に身を委ねたいのだ。

学校に行くのは「権利」であり、「義務」ではない。

だからこう思う。

「不登校」などという言葉は、この世界から消してしまえ。

【不登校】を問題視する事が”問題”である。

今日は、「不登校」についてお話ししようと思います。

「不登校」という言葉は実は使いたくなくて、「なくなればいい」と思っています。

もっと言うと、

・学校に行く=「OK」「正解」「常識」 etc…
・学校に行かない=「間違っている」「問題がある」「改善すべきこと」 etc…

という二極化している考え方自体がもう「なくなればいい」と思っています。

行けない=× 合わない=○

学校というのは、すべての人に合うように作られているわけではないので、合う人もいれば合わない人もいます。

「学校に行けない(行かない)」というのは、単純に「合わない」わけですよね。

例えるなら、海みたいなものです。

学校が海だとしたら、海(あるいは水の中)で生活することが心地いい魚やエビにとっては良いんですよ。

でも、そうじゃない生物にとっては苦痛でしかない。

ムリやり海に放り込まれる

学校が合わないのに「みんな行ってるんだから行かなきゃダメでしょう」みたいに言うのは、例えるならば「ニワトリに泳がせるようなもの」なんです。

「お前よく見てみな。魚もエビも、みんな泳いでるだろ。だからお前も泳げ!」みたいに言って、ニワトリを海に放り込もうとしている。

そんな馬鹿な話があるか! ということですよね。

この間、ニュージーランドで生活している方とお話しする機会がありました。

ニュージーランドには、不登校という概念がそもそもないんですね。学校に行ってもいいし、行かなくてもいいと。

登校しない権利

どちらかが問題があるということじゃなくて、「どっちでもいい」ということです。

日本もそういうふうに、権利として尊重されるといいなと思います。

学校に行くのは義務ではなく、「選択する権利」があるのだと。だから学校に行けないからといって非難されたり、あるいは自分で自分を責める必要はない、と。

今は(例えば「ゼロ高等学院」のような)普通の学校が合わない人にとっての選択肢も、少しずつ増えてきてはいますが、そういうものがもっともっと増えたらいいと思います。

自分らしく生きてOK

いちばん重要なのは、学校に「行けない」んじゃなくて「合わないだけ」という認識を持つこと。

そして、「合わないんだからべつに無理して行くもんじゃない」「行くも行かないも権利であり自由なんだから」というふうに、「行かない権利」を認めてあげること。

まず、そういうことから始めていくことが大事です。

学校に行けなくて悩んでる人は自分を責めないでほしい。

「行くも行かないも自分の権利であり自由なんだ」という認識を少しでも持ってくれることが、次のステップへの第一歩になると信じています。

このテーマに関しては、またどこかでお話ししようと思います。

 

〆DJヒロ

無料ビデオ講座

「いつも人に振り回される……」そんな毎日を変えたい人は他にいませんか?

「人の評価が気になる……」
「嫌われるのが怖くて意見が言えない……」

そんなあなたのために、4 つのビデオ「他人に振り回されない自分になる方法」と30 日間のメール解説をまとめた講座を無料でプレゼントしています。

すでに 2,704 人以上が視聴し、人生を変えています。


対人関係 子育て
シェアをお願いします!
大野 ヒロをフォローする
DJヒロ 公式サイト
タイトルとURLをコピーしました