【大人数の集まりが苦手】だとしても、自分を責めなくていいよ。

DJヒロ
こんにちは。DJヒロです。

昔から大勢の集まりがめっちゃくちゃ苦手だった。「誰と、何を話せばいいのやら……あ〜疲れる!」

しかし! 俺は乗り越えつつある。

【大人数の集まりが苦手】だとしても、自分を責めなくていいよ。

今日は、「大人数が集まるのが苦手」というテーマでお伝えしようと思います。

大人数が苦手な理由としては、大きく2つあるんですけど、今日はそのうちの一つお伝えしようと思います。

1つ目は、そもそも遺伝的(先天的)に大人数が苦手か得意か、好きかどうか、というのは決まるんです。

ざっくり言うと、遺伝的に外向的なタイプの人と、内向的なタイプの人に分かれているんです。程度にもよるんですけれども。

「疲れやすさ」は遺伝で決まる

大人数で関わる飲み会やパーティーというのは、すごく刺激が強いわけです。ドーパミンという興奮する物質が出るわけですよ。

外向的な人にとっては、それはすごく楽しい経験なんですね。自分自身が快楽を感じるような、興奮して楽しいなって思えるような刺激なんです。

なので、さらに刺激を求めて人と騒いだり、いろんな人に話しかけたりする。それでも全然疲れたりしないんです。

一方、内向的な人にとっては、それだと刺激がもう強すぎるんです。

本当はもっと小さい刺激で満足できるのです。内向的な人には、たとえば一人で本を読んだり、考え事をしたり、散歩をしているだけでも、それだけで十分な刺激なんですね。

今から性格を変えるのは困難

なので、内向的な人が大勢の集まりに行くと、もうそれだけで疲れてしまいます。これは体質みたいなもので、今から変えるっていうのは、なかなか難しい。

ですので、大勢の集まりが苦手だからといって、「自分は社交性がない」とか「自分はコミュ障なんだ」みたいに自分を責める必要はなくて、「自分がそういうタイプなんだなっ」ていうのをしっかり理解してあげる。

そして、自分に合った人づきあいの社交スタイルを築いていけばいいんです。

ぜひ自分に合った社交スタイルを

たとえば外交的な人は、大勢で旅行に行ったりとかも楽しむ事ができます。

ですが自分の性格が内向的なのであれば、大勢の旅行や飲み会は無理して顔を出さなくてOKです。それよりも、

・少人数(2〜3人)で旅行に行く
・飲み会は多くても4人
・静かな個室を利用する

といった工夫がオススメです。なるべく刺激を抑えた方が、すぐに疲れてしまうので。

自分を理解し、「そういう自分をどういう風に扱ってあげるか」という視点でやっていくのが、1つの解決策となります。

2つ目の解決策はこちらの動画でお伝えしています。

【大勢での集まりが苦痛】 飲み会のしんどさはこう変える
いつも相手に合わせてばかりはダメ! すぐに脳がキャパオーバーして、体も心もぐったりしてしまいます。ではどうするのかと言うと……


〆DJヒロ

無料ビデオ講座

「いつも人に振り回される……」そんな毎日を変えたい人は他にいませんか?

「人の評価が気になる……」
「嫌われるのが怖くて意見が言えない……」

そんなあなたのために、4 つのビデオ「他人に振り回されない自分になる方法」と30 日間のメール解説をまとめた講座を無料でプレゼントしています。

すでに 2,704 人以上が視聴し、人生を変えています。


メンタル 性格
シェアをお願いします!
大野 ヒロをフォローする
DJヒロ 公式サイト
タイトルとURLをコピーしました