【自分が嫌い】だと対人関係がしんどい。そこでオススメなのが……

DJヒロ
こんにちは。DJヒロです。

ある日のこと。高校の同級生がこう言いやがった。

「自分を嫌っていると、誰からも好かれないよ」

ナニソレ……。つまり、俺がそうだって言いたいの?

むかつく野郎だ。

図星だけど(笑)

【自分が嫌い】だと対人関係でつまずく。そこでオススメなのが……

あなたは自分のことが好きでしょうか?

高校生の頃に、同級生から言われた言葉があります。今でも覚えてるんですけど、「自分のことを嫌っていると誰も好きになってくれねーよ」って言われたんですよ。

その彼は、すごく男からも女からも好かれるタイプで、友達もいっぱいいて、モテて。かつその本人は特になにも頑張ってるわけでもないんです。極端に言うと、歩いているだけで人が寄ってくる、みたいなタイプ。

自分が大嫌いでした

一方私はというと、彼とは真逆。たいてい10代の頃に人から言われてた言葉は、「お前といると疲れる」「面白くない」「なに考えてるかわからない」など。そして、距離を取られてしまう……。

10代20代は、ずっとそんな日々を送っていました。だから、その彼が言った言葉がすごく心に突き刺さったんですよね。「なにそれ俺の事じゃん」と思って。

でも自分を好きになるって、「そりゃ好きになれるものならなりたいけど、そんなのどうやるんだよ!」って思ってたんです。

「私は本当に自分のことが嫌いだったんだな」と思うエピソードがあります。

前にメールマガジンに書いたんですけど、小学校の卒業アルバムに自分が写ってるのを見て、「燃やそう」と思ったんです。裏庭に行って、3月ぐらいだったんですが、灯油をぶっかけて燃やしたんです。

卒業アルバムを燃やす!?

ちょっとヤバいですよね(笑)

それくらい自分という存在に対して、「存在してはいけない」「消し去りたい」みたいな感情や気持ちがあったわけです。

そりゃあ人に好かれないよなって。自分で自分をそれだけ嫌ってたら、人と相対してるとき、「どうせ俺といてもつまんなよな」って気持ちになってしまいますし。

そういう意味では、その彼が言った言葉は、よく的を射てるなあと思うんです。

今はどうかというと、改めて思ったんですけど、「自分が存在してはいけない」「自分がすごく嫌い」みたいな感覚は、いつの間にかなくなっていました。

少しずつ変わってきた

心理学を学んで7年くらい経ちましたが、少しずつ自分のありのままを肯定して受け入れて、今に至ります。やっぱり自己肯定感というものが非常に大事なんだなと思います。

それなりに人とも仲良くできるようになってきました。

「なんでこの人は自分の事を好きになってくれないんだろう」とか「なんでこの人は仲良くしてくれないんだ」とか、(そういうことを)相手に対して思う前に、まず自分で自分を少しずつ肯定していく。

そうすることで、その問題は解決して行くことを実感しています。

まずは自分から、ということですね。


〆DJヒロ

無料ビデオ講座

「いつも人に振り回される……」そんな毎日を変えたい人は他にいませんか?

「人の評価が気になる……」
「嫌われるのが怖くて意見が言えない……」

そんなあなたのために、4 つのビデオ「他人に振り回されない自分になる方法」と30 日間のメール解説をまとめた講座を無料でプレゼントしています。

すでに 2,704 人以上が視聴し、人生を変えています。


自信 メンタル
シェアをお願いします!
大野 ヒロをフォローする
DJヒロ 公式サイト
タイトルとURLをコピーしました