【激しい気分のムラ】が穏やかになる心理学

こんにちは。DJヒロです。

「感情の起伏が激しい」という場合。

精神面と肉体面の両方をチェックする必要がある。

今回は昨日の続きで、メンタルの側面から。

【激しい気分のムラ】が穏やかになる心理学

今日は前回の続きで、「感情の起伏(気分のムラ)が激しい」という方に向けての話です。

前回はフィジカル(肉体的)な面からお伝えしましたが、今回はメンタル面の話をします。

固すぎて脆い

感情の起伏が激しい人というのは、アイデンティティを支える軸が「極端」なんです。

具体的には「自分は○○でなければならない」というような極端なアイデンティティを持っている場合。

その「〇〇」が達成できなかった瞬間、アイデンティティが崩壊してしまいます。

そして「もう人生は終わった……」みたいに考えてしまうんです。

例えば「大学こそ “すべて” だ」と考えている人は、大学受験に失敗した瞬間に激しく落ち込んでしまうわけです。

本当にそれだけ?

会社を定年退職した瞬間に無気力になるケースも同じです。

自分のアイデンティティが「あの会社の社員である」ということ「だけ」だったので、自分を支えるものがなくなってしまったんですね。

他には、常に親の顔色を見ながら育った人に多いのですが、

「人の期待に応えられる間は元気」 ⇔ 「応えられないと元気がなくなる」

というケースもあります。

柔よく剛を制す

ですので、まずはその極端な(生きるか死ぬか? というような)評価軸を「柔軟」にしていく必要があります。

例えば「人間なので期待に応えられない時もある」というふうに。

それだけで、激しい起伏が穏やかになっていきます。

人生の主導権を握る

そして感情の起伏を作っているのは「自分自身」なので、「その調整もまた自分で出来る」というふうに「主体性」を持ってほしいんです。

そうすることで「人生は自分次第」と思えるようになって、自己肯定感や自信もついていきます。

それから嫌なことがあっても踏ん張れるようになります。

一人一人がそういう風になっていってほしいと思っています。

 

〆DJヒロ

無料ビデオ講座

「いつも人に振り回される……」そんな毎日を変えたい人は他にいませんか?

「人の評価が気になる……」
「嫌われるのが怖くて意見が言えない……」

そんなあなたのために、4 つのビデオ「他人に振り回されない自分になる方法」と30 日間のメール解説をまとめた講座を無料でプレゼントしています。

すでに 2,704 人以上が視聴し、人生を変えています。


メンタル 性格
シェアをお願いします!
大野 ヒロをフォローする
DJヒロ 公式サイト
タイトルとURLをコピーしました