【人との距離感がわからない】なら数字を意識しよう。

こんにちは。DJヒロです。

「人との距離感がよくわからない」というお悩みはないだろうか?

こういう人の特徴として、

・態度が急変する
・突然なれなれしくなる
・誰からも嫌われないように無理をする

などがある。

人との距離感は、数値化すると分かりやすいよ。

【人との距離感がわからない】なら数字を意識しよう。

今日は「人との距離感が分からない」という方にお届けします。

距離感が分からない人というのは、「0か100か」という思考がすごく強いんですね。

猛突進される恐怖!

人間関係でいうと、他者が自分にとって「敵か? 味方か?」の二択しかない。

そうなると、例えば「味方」だと思った途端に

・すごくなれなれしくなる
・急に言葉づかいが変わる
・踏み込んだプライベートな質問をする

というふうに態度が急変します。

そうすると相手は「まだそこまで親密じゃないのに……」というふうに引いてしまって、離れていってしまう。

突然キレられる恐怖!

あるいは、些細なことで距離が一気に0から100まで離れて「味方」から「敵」になったりもします。

「味方だと思っていたのに違うじゃないか!」みたいに急に怒り出したりする。

それでまた相手から「なんだこの人は」と思われてしまう。

人との距離感というのは「0」と「100」だけではなく、その間にも99、98、97……と数字があるわけです。

「定規」をイメージすると分かりやすいですね。

徐々に近づく安心感

人間関係というのは、最初は全て「他人同士」ですよね?

お互いの距離は「100」、つまり一番遠い距離にあるわけです。

そこから少し親密になって「90」になる。そうしたら、「90の距離感」で接すれば良いわけです。

90ということは、他人同士(100の関係)よりは少し親密さがあります。

「知り合い」のような関係性でしょうか。

適度な距離の安定感

そうであるならば、

・ちゃんと敬語を使って話す
・プライベートな質問(例えば「恋人との関係は?」等)をしない

というコミュニケーションを取れば良い。

「お仕事は何を?」というような話題ならこの距離にふさわしいので、相手が違和感を持たずに関わりを持つことが出来ますね。

そういうコミュニケーションを続けていく中で、お互いの距離が「縮んだり離れたり」する。

相手が心を開いてくれたら、その分だけ距離感が縮むわけです。

付いたり離れたり

人間関係というものは、「常に変動する」という認識を持っておくと良いです。

例えば「昔は仲が良かったけど今は疎遠になってしまった」という場合。

それは「自分に魅力がないから」ではありません。人間関係は常に変動するので、例えば接点が減れば疎遠にもなります。

でも何かのきっかけで旧交を温めて、また親密になったりもします。

いずれにせよ、常に「自分と相手の距離感は0から100の間でどれくらいだろう?」と考えながら接していく。

そうすれば、相手が違和感を持って離れていくことは減っていくでしょう。

 

〆DJヒロ

無料ビデオ講座

「いつも人に振り回される……」そんな毎日を変えたい人は他にいませんか?

「人の評価が気になる……」
「嫌われるのが怖くて意見が言えない……」

そんなあなたのために、4 つのビデオ「他人に振り回されない自分になる方法」と30 日間のメール解説をまとめた講座を無料でプレゼントしています。

すでに 2,704 人以上が視聴し、人生を変えています。


コミュニケーション 対人関係
シェアをお願いします!
大野 ヒロをフォローする
DJヒロ 公式サイト
タイトルとURLをコピーしました