【クライアントが行動してくれない?】コーチングで成果を出すにはコレを。

こんにちは。DJヒロです。

コーチングで大事なことは、「それなら出来そう!」という実感を与えてあげること。

そうすれば、クライアントは自発的に行動するようになる。

では”実感”とは何か?

例えば高校生のときの話なんだけど、好きな人に告白できずに悩んでいた時期があったんだよね。

そのとき、クラスで一番地味でいじめられてたAという男がいてさ。ある日、Aが「〇〇ちゃんに告白した」みたいな話をしていたんだ。

そのとき思ったよ。

「コイツにできるなら、俺にもできんじゃねーの?」って。

↑これが”実感”。

後日、「俺もやってやる!」と意気込んで告白した。

クライアント本人の内なる実感こそ、成果につながる要因なのだ。

【クライアントが行動してくれない?】コーチングで成果を出すにはコレを。

今日は、カウンセリングやコーチングで「俺が大切にしていること」をお話しします。

カウンセラーやコーチをしている方はぜひ見ていただけたら嬉しいです。

俺は良いダシ

コーチングをしても、結局クライアントが行動してくれないと意味がありません。

行動してもらうためには「あ、それなら私にも出来そう」だとクライアントに「実感」してもらう必要があります。

その実感を「いかに作り出せるか?」が勝負だと俺は思っています。

そのための方法は色々あるんですけど、俺が意識しているのは

「ヒロさんでも出来るなら私にも出来るかも知れない」

と思ってもらうこと。

ぜひ俺を「ダシにして欲しい」と思っているんです。

先輩を「実感」で動かした話

俺が20歳ぐらいの頃の話ですが、先輩が「アルバイトしたいけど人間関係が苦手だから出来ない」と言っていたんです。

その先輩に、俺が「昔コンビニでアルバイトをしていた」という話をしたんですよ。

16~17歳くらいの頃にセブンイレブンでアルバイトをしていたんです。半年くらいでクビになったんですけど(笑)

その話をしたら、後日その先輩もアルバイトを始めたんですよね。

話を聞いてみたら、その先輩は「お前に出来るんだったら俺にも出来ると思ったから」と言ったんです。

その時はムカつきましたね(笑) 「こいつ馬鹿にしてんのか?」と。

恥さらしの美学

でもこの「お前に出来るんだったら俺にも出来ると思った」という感覚こそが、先述の「実感」なんですよね。これが行動するためのエネルギーになる。

だから(時と場合によりますが)自分のダメなエピソードや体験を交えて人を動かすというのも、すごく有効だと思っているんです。

俺が自分の「ダメで」「未熟で」「どうしようもない」ところを話すのも、そういう観点で希望を持ってくれたり「やってみよう」と思えたりする人が出てきたらいいと思っているからです。

「すごい人」と思われるより「コイツどうしようもないけれども、この人にできるなら私も」と思ってもらえることが、俺の一つの役割だと思っています。

これからも、そういう立ち位置で仕事をしていきたいなと思っています。

 

〆DJヒロ

無料ビデオ講座

「いつも人に振り回される……」そんな毎日を変えたい人は他にいませんか?

「人の評価が気になる……」
「嫌われるのが怖くて意見が言えない……」

そんなあなたのために、4 つのビデオ「他人に振り回されない自分になる方法」と30 日間のメール解説をまとめた講座を無料でプレゼントしています。

すでに 2,704 人以上が視聴し、人生を変えています。


コミュニケーション
シェアをお願いします!
大野 ヒロをフォローする
DJヒロ 公式サイト
タイトルとURLをコピーしました