【赤面症の治し方】隠すと悪化。さらけ出せ!

こんにちは。DJヒロです。

◎本日のご質問

—————————————————–
すぐ赤面する性格を何とかできませんか?
—————————————————–

ふむ……、赤面を隠す必要はないよ。

人間は寒かったら震えるし、正座したら足がシビれるでしょ? それと同じ。

「赤面するのは悪いこと」「隠すべきこと」と思わなくていいと知ってほしい。

そして、「赤面しないように」と身構えるのをやめて、自分のありのままをさらけ出すことだね。

もちろん、理屈がわかっても実行するのは難しいと思う。

根性論ではダメなので、これを観なさい。

【赤面症の治し方】隠すと悪化。さらけ出せ!

今日はご質問にお答えします。

【質問】
私はすぐに赤面してしまうのですが、どうしたら良いでしょうか?

結論から言うと、「赤面する自分を隠さなくて良い」ということです。堂々と赤面すれば良いんです。

隠すほどにバレる妙

この質問者の方は「どうにか赤面しないように」と自分に言い聞かせているのだと思います。

自分で自分に「強いプレッシャーをかけている」わけですね。それでは人との会話も楽しめないでしょう。

自分の気持ちを隠そうとすると、だいたい緊張したりして楽しくない方向に行ってしまいます。

なので自分を隠さずに「さらけ出す」ことが大事なんです。

恥・弱・ガキ

そうはいっても、なかなかそれが出来ないんですよね。

この質問者の方も、何か理由があって赤面する自分を見せたくないのでしょう。

もしかしたら、赤面することに「恥ずかしい」「弱い」「未熟」というような認識があるのかも知れません。だから「見せないようにしなければ」と考えてしまう。

もしそうならば、その認識を変えれば良いんです。

人類みな赤面症

赤面というのは、時と場合によって条件がそろえば誰でもなるものです。

例えるなら、正座をして足がシビれるのと同じ。

30秒でシビれる人もいれば30分でも大丈夫という人もいますが、いずれにしても皆シビれますよね?

それと同じように、「自分に注目が集まって恥ずかしい」と感じたら誰でも少しずつ赤面してくるんです。

つまり「人として自然な現象」なんです。だから、人前で隠そうとしなくても良い。

赤くなって何が悪い?

もう一つ覚えておくと良いのは、赤面している人に対して「人がどういう印象を抱くのか?」ということです。

心理学の実験があるんですが、大抵は赤面している人に対して

「誠実な人」
「自分の気持ちに正直な人」

というふうに「プラスの印象」を抱くんです。

ですので自分が「赤面してきたな……」と思っても、抑えることなくそのままにしてしまえばいいんです。

治さずに治る

赤面に対する認識を「無理やりポジティブにする」というよりは、

・赤面とは何か?
・それを見た人がどういう印象を抱くのか?

という「事実」をしっかり認識することです。そのうえで隠さずさらけ出していく。

それが出来れば「赤面しちゃいけない」という自分へのプレッシャーが減るので、おそらく赤面すること自体が減っていきます。

そして「周りから見られている」というような自意識過剰の状態からも抜け出せて、その場を楽しめるようになっていくでしょう。

 

〆DJヒロ

無料ビデオ講座

「いつも人に振り回される……」そんな毎日を変えたい人は他にいませんか?

「人の評価が気になる……」
「嫌われるのが怖くて意見が言えない……」

そんなあなたのために、4 つのビデオ「他人に振り回されない自分になる方法」と30 日間のメール解説をまとめた講座を無料でプレゼントしています。

すでに 2,704 人以上が視聴し、人生を変えています。


メンタル 性格
シェアをお願いします!
大野 ヒロをフォローする
DJヒロ 公式サイト
タイトルとURLをコピーしました